Material information
【タイトル】
グローバリゼーション 現代はいかなる時代なのか
【シリーズ名】
有斐閣insight  ≪再検索≫
【著者名等】
正村俊之/著  ≪再検索≫
【出版】
有斐閣 2009.9
【大きさ等】
19cm 224p
【NDC分類】
319
【件名】
国際政治  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209068392
【著者等紹介】
1953年東京都生まれ。83年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。関西学院大学社会学部助教授を経て、現在、東北大学大学院文学研究科教授。
【注記】
文献あり 索引あり 並列タイトル:Globalization
【要旨】
二十世紀後半以降に急速に進んだ、「グローバリゼーション」と呼ばれる地球的規模の相互依存。今や国内領域と国外領域、政治と経済と文化を、切り離して論ずることはできない。中世と近代の社会的要素が混在した十七世紀の社会と、多くの類似点をもつ現代社会が形成する、入れ子状のネットワークと、その境界のゆらぎが生み出す新たな社会の可能性を、近代以降の歴史の中で問い直す。
【目次】
序章 社会の地殻変動としてのグローバリゼーション;第1章 主権国家とウェストファリア体制の誕生;第2章 国際化とその前史;第3章 国際化から超国際化へ;第4章 機能分化の変容;第5章 グローバル社会の構造と理論;終章 グローバリゼーションの行方
【ISBN】
978-4-641-17804-5 4-641-17804-6

Holding information 3records
1record-3record
2043419938
中央
319 / 

書架
4階(社会科学)

2043396563

319 / 

書架
公開

2043412038

319 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP