Material information
【タイトル】
百人一首の歴史学
【シリーズ名】
NHKブックス  ≪再検索≫
【著者名等】
関幸彦/著  ≪再検索≫
【出版】
日本放送出版協会 2009.9
【大きさ等】
19cm 221p
【NDC分類】
911.147
【書誌番号】
3-0209069922
【著者等紹介】
1952年学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士課程修了。学習院大学助手、文部省、鶴見大学教授を経て、現在、日本大学文理学部教授。専攻は日本中世史。
【注記】
文献あり
【要旨】
藤原定家の撰した歌集「百人一首」。そこには、かつて栄華を誇った王朝の記憶が幾重にも織り込まれている。陽成、崇徳、後鳥羽などの王家の敗者、元良親王、敦忠、儀同三司母など恋に生きた人々、曾禰好忠、藤原実方、源重之など、都鄙往還した下級貴族たち…。そうした詠み手たちの分析から、王朝時代史の読み直しを行い、さらには、時代を超えて継承される文化の力を考える。歴史学の立場から王朝文化の枠に踏み込み、近代における王朝時代の認識のされ方まで射程に入れた碩学の野心作。
【目次】
1 「百人一首」の時代;2 神と人―敗れし者の系譜;3 男と女―「恋は曲者」;4 都と鄙―「名所」「歌枕」への誘い;5 虚と実―王朝の記憶を繙く;6 「百人一首」に時代をめくる
【ISBN】
978-4-14-091143-3 4-14-091143-3

Holding information 5records
1record-5record
2043465069
中央
911.14 / 

書架
5階(人文科学)

2043514833

911.1 / 

貸出中
公開

2043427990

911.1 / 

書架
公開

2061328770
戸塚
911.1 / 

貸出中
公開

2043484551

911.1 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP