Material information
【タイトル】
日本の家計行動のダイナミズム 5
【著者名等】
樋口美雄/編  ≪再検索≫
【著者名等】
瀬古美喜/編  ≪再検索≫
【著者名等】
照山博司/編  ≪再検索≫
【著者名等】
慶應−京大連携グローバルCOE/編  ≪再検索≫
【出版】
慶応義塾大学出版会 2009.9
【大きさ等】
23cm 273p
【NDC分類】
365.4
【件名】
家計調査  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209071840
【著者等紹介】
【樋口】慶應義塾大学商学部教授。
【著者等紹介】
【瀬古】慶應義塾大学経済学部教授。
【注記】
索引あり 5のサブタイトル:労働市場の高質化と就業行動
【要旨】
日本の労働市場の質は低下している!正規労働者の減少と非正規労働者の増加、非正規就労から抜け出せない若者たち、正規労働者の長時間労働とメンタルヘルス問題、地域間・職種間・年齢間のミスマッチの拡大など、労働市場の実態を詳細なデータから描き出し、「労働市場の高質化」に向けた政策提言を行う。KHPS(Keio Household Panel Survey)5年間の調査結果にもとづく家計行動の動態分析。
【目次】
第1部 KHPSの標本特性(項目回答率とパネル調査回答継続―KHPS新規追加サンプルを用いた検証);第2部 労働市場の高質化と就業行動(不本意就業を考慮した労働供給構造の推定―労働供給の質は向上するか?;賃金形成から見た日本の労働市場の質について;学卒時の雇用情勢は初職離職後の就業行動にも影響しているのか;長時間労働は労働者のメンタルヘルス問題をもたらすか;賃金と離職の日韓比較分析;民間職業紹介が市場の質に与える影響;日本の若年成人の独立と住宅需要―住宅市場の質と政策運営;住宅所有は労働移動を妨げるか―失業期間に与える影響の分析)
【内容】
内容: KHPSの標本特性 項目回答率とパネル調査回答継続   直井道生著
【内容】
労働市場の高質化と就業行動 不本意就業を考慮した労働供給構造の推定   野田顕彦, 山本勲著
【内容】
賃金形成から見た日本の労働市場の質について   三好向洋, 矢野誠著
【内容】
学卒時の雇用情勢は初職離職後の就業行動にも影響しているのか   佐藤一磨著
【内容】
長時間労働は労働者のメンタルヘルス問題をもたらすか   馬欣欣著
【内容】
賃金の離職の日韓比較分析   四方理人, 〔チョ〕成虎著
【内容】
民間職業紹介が市場の質に与える影響   遠藤裕基著
【内容】
日本の若年成人の独立と住宅需要   石野卓也著
【内容】
住宅所有は労働移動を妨げるか   白木紀行著
【ISBN】
978-4-7664-1658-9 4-7664-1658-9

Holding information 1records
1record-1record
2043484136
中央
365.4 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP