Material information
【タイトル】
2円で刑務所、5億で執行猶予
【シリーズ名】
光文社新書  ≪再検索≫
【著者名等】
浜井浩一/著  ≪再検索≫
【出版】
光文社 2009.10
【大きさ等】
18cm 237p
【NDC分類】
326.3
【件名】
犯罪  ≪再検索≫
【件名】
犯罪予防  ≪再検索≫
【件名】
刑罰  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209075860
【著者等紹介】
1960年生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、法務省入省。矯正機関や保護観察所勤務。法務総合研究所研究官や在イタリア国連犯罪司法研究所研究員を務め、犯罪白書の執筆にも携わる。龍谷大学大学院法務研究科教授。専門は、刑事政策、犯罪学、統計学、犯罪心理学。
【注記】
文献あり
【要旨】
おかしいぞ日本の司法と犯罪対策。さまざまな“犯罪神話”を解体し、事実に即した犯罪対策・刑事政策を提案する。
【目次】
第1編 犯罪と犯罪予防(減る少年犯罪、増える高齢者の犯罪;間違いだらけの犯罪対策;エビデンスに基づいた犯罪対策―キャンベル共同計画);第2編 刑事政策(刑罰)(すべては検察官のさじ加減ひとつ;人はなぜ犯罪を犯すのか―犯罪理論について;法律と科学;ポピュリズムと厳罰化;貧困と犯罪;「刑務所太郎」はなぜ生まれるのか?)
【ISBN】
978-4-334-03530-3 4-334-03530-2

Holding information 1records
1record-1record
2043524766
中央
326.3 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP