Material information
【タイトル】
重力の再発見 アインシュタインの相対論を超えて
【著者名等】
ジョン・W.モファット/著  ≪再検索≫
【著者名等】
水谷淳/訳  ≪再検索≫
【出版】
早川書房 2009.11
【大きさ等】
20cm 422p
【NDC分類】
423.6
【件名】
重力  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0209085957
【著者等紹介】
【モファット】1932年デンマーク生まれ。ケンブリッジ大学トリニティーカレッジでフレッド・ホイルやアブドゥス・サラムの指導を受ける。トロント大学の物理学の名誉教授で、現在もカナダのペリメーター理論物理学研究所で重力理論の研究を続けている。
【著者等紹介】
【水谷】東京大学理学部卒。同大学院修了。翻訳家。訳書にジョンソン「量子コンピュータとは何か」など。
【注記】
文献あり Reinventing gravity./の翻訳
【要旨】
アインシュタインの一般相対論は、われわれの宇宙観を一新させた。これまで何度も検証されてきたこの理論だが、銀河や銀河団の力学へと適用範囲が広がるうちに矛盾を示す観測結果が得られるようになった。つじつまをあわせるダークマターやダークエネルギーの存在が仮定されたものの、多くの努力にもかかわらず、その正体はいまだ明かされていない。ダークマターはなぜ見つからないのか、じつはアインシュタインは間違っており、修正された新たな重力理論が必要なのでは…。重力理論研究の権威が、パラダイムシフトの瀬戸際に立つ最新宇宙論を語る。
【目次】
第1部 重力の発見と再発明(ギリシャ人からニュートンへ;アインシュタイン);第2部 重力の標準モデル(現代宇宙論の誕生;ダークマター ほか);第3部 標準モデルのアップデート(インフレーションと光速可変理論(VSL);新たな宇宙論的データ);第4部 新たな重力理論を探す(ひも理論と量子重力;それ以外の代替重力理論 ほか);第5部 MOG宇宙の考察と検証(パイオニア異常;予測可能な理論としてのMOG ほか)
【ISBN】
978-4-15-209089-8 4-15-209089-8

Holding information 4records
1record-4record
2043713020
中央
423.6 / 

書架
4階(自然科学)

2044085936

423 / 

書架
公開

2043692553
戸塚
423 / 

書架
公開

2043897651

423 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP