Material information
【タイトル】
〈時と場〉の変容 「サイバー都市」は存在するか?
【シリーズ名】
叢書コムニス  ≪再検索≫
【著者名等】
若林幹夫/著  ≪再検索≫
【出版】
NTT出版 2010.2
【大きさ等】
20cm 245,3p
【NDC分類】
361.78
【件名】
都市  ≪再検索≫
【件名】
情報化社会  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210009901
【著者等紹介】
1962年東京生まれ。86年東京大学教養学部卒。90年東京大学大学院社会学研究科博士課程中退。東京工業大学助手、筑波大学講師、同助教授、教授を経て、2005年より早稲田大学教育・総合科学学術院教授。著書に「熱い都市冷たい都市」など。
【注記】
索引あり 並列タイトル:The transformation of“space−and−time”
【要旨】
環境はメディアであり、メディアは環境である。人類史的な深度と広がりをもった視点から、メディアと情報化を捉え、その現在のあり方、そこから見えてくる現代社会の特質を、明らかにする。
【目次】
序 始まりの風景;第1章 「景観」の中の“時と場”;第2章 景観の消失、イメージの浮上;第3章 “時と場”の変容;第4章 「サイバー都市」は存在するか?;第5章 ヴァーチャルとユビキタス;結 情報化、メディア社会と人間の条件
【ISBN】
978-4-7571-4240-4 4-7571-4240-4

Holding information 1records
1record-1record
2044074942
中央
361.7 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP