Material information
【タイトル】
日本人として知っておきたい近代史 明治篇
【シリーズ名】
PHP新書  ≪再検索≫
【著者名等】
中西輝政/著  ≪再検索≫
【出版】
PHP研究所 2010.4
【大きさ等】
18cm 237p
【NDC分類】
210.6
【件名】
日本−歴史−明治時代  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210018783
【著者等紹介】
1947年大阪府生まれ。京都大学法学部卒。ケンブリッジ大学大学院修了。京都大学助手、三重大学助教授、スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学教授を経て、京都大学大学院教授。2002年正論大賞受賞。著書に「大英帝国衰亡史」毎日出版文化賞・山本七平賞受賞など。
【注記】
文献あり
【要旨】
本書は、日本の近代史を学び直し、新しい「近代史の常識」と「この国の自画像」を提示する試みである。「人間が歴史を動かす主人公である」という視点から、吉田松陰と、岩倉具視から乃木希典まで、明治を築き上げた7人の人物を中心に取り上げる。
【目次】
人間を中心に歴史をつかむ;吉田松陰―この国の未来を守るための戦略;岩倉具視と大久保利通―近代日本を生み出すための謀略;伊藤博文(前編)―現代の霞ケ関が模範とすべき「明治の官僚」;伊藤博文(後編)―世界に恥じない近代立憲国家をめざして;明治の三太郎―日露戦争に挑んだ近代日本の「長男」たち;桂太郎(前編)―近代軍制を確立し、日清戦争に挑んだ軍官僚;桂太郎(後編)―「ニコポン宰相」がめざしたイギリス流二大政党制;児玉源太郎(前編)―軍人の枠を超えた政治的手腕の冴え;児玉源太郎(後編)―日露戦争勝利を導いた男のもう一つの戦い;小村寿太郎(前編)―日英同盟を締結させた気力と胆力;小村寿太郎(後編)―日本の勝利を決めたポーツマスでの粘りの交渉;乃木希典(前編)―松陰の志を継ぐ宿命を己に課して;乃木希典(後編)―自らの死で示した日本人への警鐘;日本近代史の本質とは何か―おわりにかえて
【ISBN】
978-4-569-77933-1 4-569-77933-6

Holding information 2records
1record-2record
2044425699
磯子
210.6 / 

書架
公開

2053330366
都筑
210.6 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP