Material information
【タイトル】
ハプスブルク君主国 1765−1918
【タイトル】
マリア=テレジアから第一次世界大戦まで
【著者名等】
ロビン・オーキー/著  ≪再検索≫
【著者名等】
三方洋子/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
山之内克子/監訳  ≪再検索≫
【著者名等】
秋山晋吾/監訳  ≪再検索≫
【出版】
NTT出版 2010.4
【大きさ等】
20cm 511,65p
【NDC分類】
234.6
【件名】
オーストリア−歴史  ≪再検索≫
【件名】
ハプスブルク家  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210024507
【著者等紹介】
【オーキー】1942年イギリス生まれ。ウォーリック大学歴史学部名誉教授。著書「東欧近代史」など。
【著者等紹介】
【三方】1953年生まれ。東京大学文学部卒。ノンフィクションを中心に翻訳を手掛ける。訳書:ロバート・スワン著「北極を歩く」、「猪口孝が読み解くペリー提督日本遠征記」猪口孝監修など。
【注記】
文献あり 索引あり The Habsburg monarchy c.1765−1918./の翻訳
【要旨】
ヨーゼフ二世の皇帝戴冠から第一次世界大戦まで、ヨーゼフ主義、リベラリズム、近代化を手掛かりにその進展過程を丹念に辿り、近代国家が内包する宿命の本質に迫る。最新の研究成果を総覧した新しい歴史解釈。挫折した「近代国家」150年の実像。
【目次】
第1部 王朝的帝国―一七六五‐一八六七年(ハプスブルク君主国の基礎;ヨーゼフ二世とその遺産;メッテルニヒのオーストリア―外では犠牲多き勝利、内には社会不安;リベラリズムとナショナリズム ほか);第2部 立憲君主制―一八六七‐一九一八年(リベラリズム;経済、一八六七‐一九一四年;社会と社会運動;ナショナリズム ほか)
【ISBN】
978-4-7571-4062-2 4-7571-4062-2

Holding information 2records
1record-2record
2044360805
中央
234.6 /22 

書架
書庫(人文科学中央)

2050170155
港南
234 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP