Material information
【タイトル】
狭山事件の真実
【シリーズ名】
岩波現代文庫  ≪再検索≫
【著者名等】
鎌田慧/著  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2010.4
【大きさ等】
15cm 481p
【NDC分類】
326.23
【件名】
狭山事件  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210029938
【注記】
年表あり 『狭山事件』(草思社2004年刊)の増補、加筆・修正
【要旨】
四七年前の女子高校生殺人事件の被告とされ、今もなお再審を求める石川一雄氏の闘いは続く。当初全面否認した石川氏が、第一審死刑判決後までは女子高校生殺害の自白を維持したのはなぜか。本書は長時間インタビューで石川氏の内面に迫り、虚偽の自白を強いられた事情と典型的な冤罪事件に隠された謎を初めて明らかにした衝撃のルポ。再審開始は実現するか。今なお注目の事件を知る上での最良の一冊。
【目次】
第1章 女子高校生、誘拐される;第2章 別件逮捕と別件起訴;第3章 子どものころから働いてきた;第4章 涙ながらに自白するまで;第5章 浦和地裁・死刑判決;第6章 私は殺していない!;第7章 見送った死刑囚と文字の獲得;第8章 不思議な「証拠物件」;第9章 東京高裁・寺尾判決;第10章 自分で書いた上告趣意書;終章 「視えない手錠」をはずすまで
【ISBN】
978-4-00-603202-9 4-00-603202-1

Holding information 3records
1record-3record
2051242524
中央
326.2 /8 

書架
書庫(ポピュラー中央)文庫本

2070814113
鶴見
326 / 

予受待
公開文庫本

2054176840
港北
326 / 

書架
公開文庫本

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 1 people.


▼results list
[0]TOP