Material information
【タイトル】
チェコ民族再生運動 多様性の擁護、あるいは小民族の存在論
【著者名等】
石川達夫/著  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2010.5
【大きさ等】
22cm 511,15p
【NDC分類】
316.8348
【件名】
民族運動−チェコ  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210039941
【著者等紹介】
1956年東京都生まれ。東京大学文学部卒。プラハ・カレル大学留学後、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、神戸大学大学院・国際文化学研究科教授。スラヴ文化論専攻。著書「マサリクとチェコの精神」など。
【注記】
文献あり 索引あり
【目次】
言語と文化の衰滅―小民族のジレンマ;1 チェコ民族再生運動の前提と歴史(チェコ民族再生運動の前提―チェコ人とチェコ語の存在についての懸念;チェコ民族再生運動の歴史―チェコ語とチェコ民族の再創造);2 チェコ民族再生運動期の文化と表象(チェコ民族再生運動期の文化―チェコ文化の再創造;チェコ民族再生運動期の表象―民族と祖国およびその起源についての主題と変奏);3 チェコ人とスラヴ人(チェコ民族再生運動とスラヴ主義および汎スラヴ主義―アイデンティティの範囲とレベル;チェコ民族再生運動とソルブ人―言語・文化の保存における成功と難渋);4 チェコ民族再生運動とチェコ・ナショナリズム(トマーシュ・マサリクにおける小民族の問題―精神的な「小ささ」の克服;ベルナルト・ボルザノとヤン・パトチカにおけるナショナリズムの問題―ナショナリズム超克の試み;小民族の存在と世界の多様性―多様性の尊重;チェコ民族再生運動観の変遷―チェコ民族再生運動研究史概観)
【ISBN】
978-4-00-023861-8 4-00-023861-2

Holding information 1records
1record-1record
2044441660
中央
316.8 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP