Material information
【タイトル】
いま戦争と平和を語る
【著者名等】
半藤一利/著  ≪再検索≫
【著者名等】
井上亮/編  ≪再検索≫
【出版】
日本経済新聞出版社 2010.7
【大きさ等】
19cm 290p
【NDC分類】
210.6
【件名】
日本−歴史−近代  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210051760
【著者等紹介】
【半藤】1930年東京生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役を経て作家。「漱石先生ぞな、もし」新田次郎文学賞、「ノモンハンの夏」山本七平賞、「昭和史」毎日出版文化賞特別賞受賞。著書「日本のいちばん長い日」など。
【著者等紹介】
【井上】1961年大阪生まれ。関西学院大学法学部卒業後、日本経済新聞社入社。東京、大阪の社会部で警視庁、大阪府警などを担当。長岡支局長などを経て社会部編集委員。皇室と昭和史を担当。元宮内庁長官の残した「富田メモ」報道で2006年度新聞協会賞受賞。
【要旨】
戦争を体験していない世代へ。大切なのはリアリズムと常識。歴史を知ることは「日本人」を知ること。
【目次】
第1章 歴史は「人間学」;第2章 わたくしの戦争体験;第3章 隅田川の青春;第4章 戦史にのめり込む;第5章 「日本のいちばん長い日」;第6章 勝利で堕落した日本人;第7章 昭和の失敗の教訓;第8章 作家たちの歴史観;第9章 戦争責任;第10章 平和主義こそ日本の機軸
【ISBN】
978-4-532-16747-9 4-532-16747-7

Holding information 1records
1record-1record
2044600296

210.6 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP