Material information
【タイトル】
ランチェスター思考 2
【巻タイトル】
直観的「問題解決」のフレームワーク
【著者名等】
福田秀人/著  ≪再検索≫
【出版】
東洋経済新報社 2010.7
【大きさ等】
22cm 249p
【NDC分類】
673.3
【件名】
販売管理  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210051854
【著者等紹介】
慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程修了。立教大学大学院教授等を歴任。ランチェスター戦略学会副会長。サステナブル・マネジメント・リサーチ代表。立教大学ESD研究センター研究フェロー。大阪産業大学客員教授。海上自衛隊幹部学校幹部高級課程講師。航空保安協会評議員。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
どんなに理にかなった戦略も、実行フェーズで想定外の問題に次々とぶつかり、破綻の危機にさらされる。そのとき、ラインのリーダーは、何をし、何をすべきでないのか。ランチェスター戦略研究の第一人者が、アメリカ陸軍・指揮官マニュアルをベースに、シンプルかつ超現実的な「意思決定」の要諦を説く。
【目次】
1部 現場リーダーの意思決定―直観的意思決定と任務指揮(意思決定の指針―スピード第一、安全二の次;直観的意思決定の励行―司令部からの情報も疑え;任務指揮の励行―命令一元化、権限委譲、責任絶対性の原則;指揮と統制の原則―忍耐力の限界をわきまえ、目を見つめる;不在指揮による教育―やらせてみて、失敗させて、人は育つ ほか);2部 上級リーダーの意思決定―分析的意思決定と直観的意思決定の併用(作戦計画の意義と条件―バック・キャスティングの実行と集団的浅慮の回避;作戦計画の作成―MDMPと批判的思考の励行;作戦の指揮・統制―前線に進出し、OODAサイクルを回す;情報システムの構築と運用―中央集権的なシステムの追求;危機を管理する論の脅威―キューバ危機対応とICSの過大評価 ほか)
【ISBN】
978-4-492-55670-2 4-492-55670-2

Holding information 1records
1record-1record
2044676209
中央
673.3 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP