Material information
【タイトル】
物語エルサレムの歴史 旧約聖書以前からパレスチナ和平まで
【シリーズ名】
中公新書  ≪再検索≫
【著者名等】
笈川博一/著  ≪再検索≫
【出版】
中央公論新社 2010.7
【大きさ等】
18cm 306p
【NDC分類】
228.5
【件名】
エルサレム−歴史  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210053813
【著者等紹介】
1942年東京生まれ。東京教育大学文学部卒、同大学大学院修士課程修了後、イスラエルのヘブライ大学に留学、その後、同大学で教鞭もとり、時事通信社通信員等を経て、杏林大学教授に就任。現在、杏林大学社会科学部社会科学科教授。専門は古代エジプト言語学、現代中東学。
【要旨】
一九八〇年代、イスラエルが占領地でユダヤ人入植を推進した際、パレスチナ人がオスマン・トルコの土地台帳を根拠に所有権を主張すると、入植者たちは旧約聖書に記された神とアブラハムの契約を示したという―。ダビデら古代の王の事績から、イスラム教徒の統治と十字軍、二回の大戦とイスラエル建国、そして戦争と和平交渉が繰り返される現代まで、聖書の記述が息づく「聖地」の複雑な来歴を、エピソード豊かに綴る。
【目次】
第1部 諸王国の興亡(紀元前一〇〇〇年まで;紀元前一〇〇〇年から九二五年まで―ダビデ、ソロモンの統一王国時代;紀元前九二二年から七二〇年まで―南北朝時代 ほか);第2部 イスラム興隆の中で(六三八年から一〇九九年まで―第一次イスラム時代;一〇九九年から一一八七年まで―十字軍時代;一一八七年から一五一六年まで―第二次イスラム時代 ほか);第3部 イスラエル建国ののち(一九四七年から一九六七年まで―ヨルダン王国時代;一九六七年から二〇一〇年まで―イスラエル時代)
【ISBN】
978-4-12-102067-3 4-12-102067-7

Holding information 11records
1record-5record
2044630071
中央
228.5 / 

書架
5階(人文科学)

2044728047
鶴見
228 / 

書架
公開

2044728098
神奈川
228 / 

書架
公開

2044619132

228 / 

書架
公開

2050110292
港南
228 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP