Material information
【タイトル】
向精神薬開発の現状と課題 CNS領域の治験をめぐって
【著者名等】
樋口輝彦/編  ≪再検索≫
【著者名等】
不安・抑うつ臨床研究会/編  ≪再検索≫
【出版】
日本評論社 2010.8
【大きさ等】
22cm 151p
【NDC分類】
499.1
【件名】
向精神薬  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210058272
【著者等紹介】
1972年東京大学医学部卒。89年群馬大学医学部精神神経学助教授。94年昭和大学藤が丘病院精神神経科教授。2000年国立精神・神経センター国府台病院院長。04年同武蔵病院院長。07年同総長。10年国立精神・神経医療研究センター理事長・総長。
【要旨】
わが国の治験はグローバル化の波に乗ることができるのか。それとも「薬の後進国」に甘んじつづけるのか。
【目次】
座談会 精神科薬物療法の50年;日本の治験の現状と課題;向精神薬の治験の現状と課題;向精神薬の治験の進め方―抗うつ薬の臨床試験を中心に;うつ病および統合失調症の治療薬の開発―開発ストラテジーの多様化と日本の貢献;抗精神病薬開発の基本問題;ドパミン過剰仮説を越えて―病態生理の新しい知見と抗精神病薬の開発;抗うつ薬の現状と新薬開発の課題;不安・抑うつ障害治療薬の治験を成功させるために;新たな睡眠薬の開発に向けて―睡眠薬の薬効評価の課題;治験経験から学んだこと―プラセボ反応と臨床家のバイアス
【内容】
内容: 座談会 精神科薬物療法の50年   神庭重信, 平安良雄, 樋口輝彦述
【内容】
日本の治験の現状と課題   棗田豊著
【内容】
向精神薬の治験の現状と課題   樋口輝彦著
【内容】
向精神薬の治験の進め方   中林哲夫著
【内容】
うつ病および統合失調症の治療薬の開発   宇山佳明著
【内容】
抗精神病薬開発の基本問題   石郷岡純著
【内容】
ドパミン過剰仮説を越えて   岸本年史著
【内容】
抗うつ薬の現状と新薬開発の課題   三浦智史, 神庭重信著
【内容】
不安・抑うつ障害治療薬の治験を成功させるために   貝谷久宣, 兼子唯著
【内容】
新たな睡眠薬の開発に向けて   井上雄一著
【内容】
治験経験から学んだこと   原井宏明著
【ISBN】
978-4-535-98324-3 4-535-98324-0

Holding information 1records
1record-1record
2044703877
中央
499.1 / 

書架
4階(自然科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP