Material information
【タイトル】
精神分析と美
【著者名等】
ドナルド・メルツァー/〔著〕  ≪再検索≫
【著者名等】
メグ・ハリス・ウィリアムズ/〔著〕  ≪再検索≫
【著者名等】
細澤仁/監訳  ≪再検索≫
【著者名等】
上田勝久/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
西坂恵理子/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
関真粧美/訳  ≪再検索≫
【出版】
みすず書房 2010.8
【大きさ等】
22cm 299,8p
【NDC分類】
146.1
【件名】
精神分析  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210060567
【著者等紹介】
【メルツァー】1923〜2004年。イェール及びニューヨーク医科大学にて教育を受け、ワシントン大学にて成人と児童の精神医学の訓練を受けた。英国でメラニー・クラインに精神分析の訓練を受け、タヴィストック・クリニック及び精神分析研究所にて教育活動を行ってきた。精神分析家。
【著者等紹介】
【ウィリアムズ】1951年生まれ。文芸批評家。
【注記】
索引あり The apprehension of beauty./の翻訳
【要旨】
原初的体験としての美的葛藤、それはわれわれの発達や精神病理の構造に何をもたらすのか―。ポストクライン派の最重要人物が辿り着いた美的体験と創造性、精神分析過程をめぐる壮大な試論。
【目次】
美の理解;美的葛藤―発達過程におけるその位置;第一印象をめぐって;美的相互性をめぐって;発達早期における父親の役割;暴力の問題;未知の国―『ハムレット』における美的葛藤の形;精神分析プロセスにおける美的葛藤の位置;美的葛藤からの退避―冷笑主義、倒錯、そして、悪趣味;美的対象の回復;夢を抱えること―美的評価の本質;洞穴の影、壁に書かれた文字
【ISBN】
978-4-622-07550-9 4-622-07550-4

Holding information 1records
1record-1record
2044753386
中央
146.1 / 

貸出中
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP