Material information
【タイトル】
韓国人は日本人をどう思っているのか いつまでたっても解けない誤解はこうして生まれた
【シリーズ名】
新人物ブックス  ≪再検索≫
【著者名等】
朴相鉉/著  ≪再検索≫
【出版】
新人物往来社 2010.10
【大きさ等】
19cm 175p
【NDC分類】
319.1021
【件名】
日本−対外関係−韓国  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210073984
【著者等紹介】
1969年韓国生まれ。北海道大学大学院で歴史地域文化学を専攻。現在、慶煕サイバー大学日本学科教授。主な論文に「帝国日本と翻訳」など。
【注記】
文献あり
【要旨】
「日本人は残忍だ」「日本人は裏表があるから信用できない」…韓国のマスコミ、テレビなどを通じて多くの韓国人が潜在的に共有している日本(人)への憎悪イメージ。劣等意識・優越意識・被害意識が混在したこうしたイメージはなぜ生まれたのか。具体例をあげながら解き明かしていく。日本留学経験を持つ気鋭の韓国人研究者による、日韓両国が新たな一〇〇年を迎えるための提言。
【目次】
プロローグ 感情を排除した冷静な視野をもとめて;第1章 「日本」という鏡を通してみた韓国人の肖像(韓国での「日本(人)」論;劣等意識;優越意識;被害意識);第2章 「日本人」をどうみるか(正直で信用がある日本人;裏表がある日本人;冷たい日本人;残忍な日本人;相手を軽くあつかう日本人;曖昧模糊としている日本人;西洋人の男性を好む日本人の女性;在日韓国(朝鮮)人を差別している日本人);第3章 「日本文化」をどうとらえているか(職人気質―世襲をみる韓国人の目;日本化―日本の文化を認めたくない意識 ほか);エピローグ 「悲しみ」や「痛み」に「共感」する
【ISBN】
978-4-404-03924-8 4-404-03924-7

Holding information 2records
1record-2record
2045063308

319.1 / 

書架
公開

2045094017

319.1 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP