Material information
【タイトル】
茶 利休と今をつなぐ
【シリーズ名】
新潮新書  ≪再検索≫
【著者名等】
千宗屋/著  ≪再検索≫
【出版】
新潮社 2010.11
【大きさ等】
18cm 239p
【NDC分類】
791.04
【件名】
茶道  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0210082824
【著者等紹介】
1975年京都生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了。茶道三千家のひとつ、武者小路千家15代次期家元として2003年、後嗣号「宗屋」を襲名。08年文化庁文化交流使。
【要旨】
茶を「礼儀作法を学ぶもの」「花嫁修業のため」で片付けるのはもったいない。本来の茶の湯は、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の全領域を駆使する生活文化の総合芸術なのだ。なぜ戦国武将たちが茶に熱狂したのか。なぜ千利休は豊臣秀吉に睨まれたのか。なぜ茶碗を回さなくてはいけないのか。死屍累々の歴史、作法のロジック、道具の愉しみ―利休の末裔、武者小路千家の若き異才の茶人が語る。新しい茶の湯論がここに。
【目次】
第1章 誤解される茶の湯;第2章 茶の湯の歴史を駆け足で;第3章 茶家に生まれて;第4章 利休とは何ものか;第5章 茶席に呼ばれたら;第6章 茶道具エッセンシャル;第7章 深遠なる茶室;第8章 茶事はコミュニケーション
【ISBN】
978-4-10-610392-6 4-10-610392-3

Holding information 3records
1record-3record
2046098520
中央
791.0 / 

貸出中
1階(ポピュラー)

2070636118

791 / 

書架
公開

2046092476
山内
791 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP