資料情報
【タイトル】
折れた竜骨
【叢書名】
東京創元社・ミステリ・フロンティア  ≪再検索≫
【著者名等】
米澤穂信/著  ≪再検索≫
【著者等紹介】
1978年岐阜県生まれ。2001年「氷菓」で角川学園小説大賞奨励賞を受賞しデビュー。05年刊行「犬はどこだ」以降は「このミステリーがすごい!」ランキングの常連になり、2010年度版では作家別得票数第1位を獲得。他の著書に「さよなら妖精」など。
【出版者】
東京創元社
【出版年】
2010.11
【大きさ等】
20cm 338p
【NDC分類】
913.6
【要旨】
ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた…。自然の要塞であったはずの島で暗殺騎士の魔術に斃れた父、“走狗”候補の八人の容疑者、いずれ劣らぬ怪しげな傭兵たち、沈められた封印の鐘、鍵のかかった塔上の牢から忽然と消えた不死の青年―そして、甦った「呪われたデーン人」の襲来はいつ?魔術や呪いが跋扈する世界の中で、「推理」の力は果たして真相に辿り着くことができるのか?現在最も注目を集める俊英が新境地に挑んだ、魔術と剣と謎解きの巨編登場。
【内容】
冒険者にして偉大なるソロンの領主である父は、暗殺者の卑劣な魔術に斃れた。魔術や呪いが横行する世界で「推理」は犯人に辿り着けるのか…。中世イングランドを舞台にした、魔術と剣と謎解きの巨編。〈受賞情報〉日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門(第64回)
【ISBN等】
4-488-01765-7
【ISBN等】
978-4-488-01765-1
【書誌番号】
3-0210086279

所蔵情報 全12件
1件目〜5件目
2046099772
中央
913.6 /ヨ 

貸出中
1階(ポピュラー)

2046136295
鶴見
913.6 /ヨ 

貸出中
公開

2045854836
神奈川
913.6 /ヨ 

書架
公開

2046099756
港南
913.6 /ヨ 

書架
公開

2051244985
磯子
913.6 /ヨ 

書架
公開

前へ
次へ

予約情報
現在の予約登録者は0人です。


▼一覧
[0]TOP