Material information
【タイトル】
意地悪は死なず 夏彦・七平対談
【シリーズ名】
山本夏彦とその時代  ≪再検索≫
【著者名等】
山本夏彦/著  ≪再検索≫
【著者名等】
山本七平/著  ≪再検索≫
【出版】
ワック 2011.1
【大きさ等】
20cm 341p
【NDC分類】
914.6
【書誌番号】
3-0211004990
【著者等紹介】
【山本夏彦】大正4年東京生まれ。少年期に渡仏後、24歳の時ショヴォ「年を歴た鰐の話」を「中央公論」に翻訳・寄稿。戦後工作社設立、雑誌「室内」創刊。「日常茶飯事」「週刊新潮」に「夏彦の写真コラム」を長期連載。菊池寛賞、読売文学賞、市川市民文化賞受賞。平成14年逝去。
【著者等紹介】
【山本七平】大正10年東京生まれ。青山学院高等商業部卒、直後に陸軍入営。フィリピンで終戦。昭和33年山本書店創立、主に聖書関係の書籍を刊行。ベンダサン著「日本人とユダヤ人」はベストセラーとなる。以後評論家としても多彩に活躍。平成3年逝去。著書「私の中の日本軍」など。
【目次】
夏彦・七平の十八番づくし(新聞はお読みでしょうか;欲ばりとやきもち;死んだ人生きてる人;忠臣蔵変痴気論;好きな言葉嫌いな言葉 ほか);意地悪は死なず(流行がすべてである;「三日三月三年」という;何よりも正義を愛す;意地悪は死なず;投票すれども選挙はせず ほか);夏彦の青春日記 その2(山本伊吾編)
【ISBN】
978-4-89831-156-1 4-89831-156-3

Holding information 1records
1record-1record
2049262216
中央
914.6 / 

書架
1階(ポピュラー)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP