Material information
【タイトル】
回思九十年(きゅうじゅうねん)
【シリーズ名】
平凡社ライブラリー  ≪再検索≫
【著者名等】
白川静/著  ≪再検索≫
【出版】
平凡社 2011.3
【大きさ等】
16cm 439p
【NDC分類】
289.1
【個人件名】
白川静  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0211017996
【著者等紹介】
1910年福井県生まれ。立命館大学法学部卒。立命館大学名誉教授。2004年文化勲章受章、06年没。おもな著書に「白川静著作集」など。
【注記】
年譜あり タイトル:回思九十年
【要旨】
遠い日の故郷福井の想い出、奉公先での読書と夜学で出会った恩師、愚かしい戦争と「東洋」の消滅、数万片の甲骨資料のトレースと、ガリ版刷りの日々―自ら綴った生い立ちと、各界著名人との対談から、白川静の学問と人生が浮き彫りになる。九十歳を記念して刊行された魅力あふれる一冊。
【目次】
私の履歴書;インタビュー・対談(雲山万畳、猶ほ浅きを嫌ふ(呉智英);古代文字を探る(酒見賢一);書と字(白井晟一);金文を語る(今井凌雪);書の本質を探る―芸術性を求めて(北川栄一);日本人が忘れたもう一つの教養(宮城谷昌光);古代人の心象風景(谷川健一;山中智恵子;水原紫苑);日本人と漢字世界(江藤淳);漢字の宇宙―芸術にいたる線の交錯(粟津潔);漢字の素晴らしさを伝えたい(石牟礼道子);漢字 古代と現代の架橋(吉田加南子))
【内容】
内容: 私の履歴書
【内容】
インタビュー・対談 雲山万畳、猶ほ浅きを嫌ふ   呉智英述
【内容】
古代文字を探る   酒見賢一述
【内容】
書と字   白井晟一述
【内容】
金文を語る   今井凌雪述
【内容】
書の本質を探る   北川栄一述
【内容】
日本人が忘れたもう一つの教養   宮城谷昌光述
【内容】
古代人の心象風景   谷川健一, 山中智恵子, 水原紫苑述
【内容】
日本人と漢字世界   江藤淳述
【内容】
漢字の宇宙   粟津潔述
【内容】
漢字の素晴らしさを伝えたい   石牟礼道子述
【内容】
漢字古代と現代の架橋   吉田加南子述
【ISBN】
978-4-582-76732-2 4-582-76732-X

Holding information 3records
1record-3record
2046304198

289 /シ 

書架
公開

2050616773
磯子
289 /シ 

書架
書庫

2061180993
港北
289 /シ 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP