Material information
【タイトル】
官民協働の文化政策 人材・資金・場
【シリーズ名】
文化とまちづくり叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
松本茂章/著  ≪再検索≫
【出版】
水曜社 2011.5
【大きさ等】
21cm 259p
【NDC分類】
709.1
【件名】
文化政策−日本  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0211030085
【著者等紹介】
1956年生まれ。早稲田大学教育学部卒。県立静岡文化芸術大学文化政策学部教授。日本文化政策学会理事、文化経済学会日本理事、日本アートマネジメント学会関西支部長。主著に「芸術創造拠点と自治体文化政策京都芸術センターの試み」など。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
芸術創造拠点づくりは自治体が単独で行えるものでなく、担い手たちの登場が必須で、支える場の確保と経営も条件になる。長期取材を通し「文化政策人材」「官民からの資金調達」「場の自主管理」を報告。芸術創造をテーマに官民協働の将来像を子細に検討した労作。
【目次】
第1章 文化政策の成果と課題;第2章 文化政策研究とガバナンス理論;第3章 京都芸術センターの試み;第4章 大阪の劇場寺院・應典院の取り組み;第5章 神戸・CAP HOUSEの実験;第6章 地域ガバナンスと芸術創造拠点;第7章 提言・これからの文化政策
【ISBN】
978-4-88065-244-3 4-88065-244-X

Holding information 1records
1record-1record
2046989425
中央
709.1 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP