Material information
【タイトル】
〈人型〉の美術史 まなざしの引力を読む
【著者名等】
中村英樹/著  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2011.6
【大きさ等】
20cm 227,4p
【NDC分類】
704
【件名】
美術  ≪再検索≫
【件名】
人体  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0211045942
【著者等紹介】
1940年名古屋市生まれ。名古屋市大学文学部卒。65年、69年美術出版社主催芸術評論募集に入選。以後、近・現代美術の評論活動を展開。国際美術評論家連盟会員。著書「日本美術の基軸−現代の批評的視点から」ほか。
【注記】
索引あり
【要旨】
人類が、古代エジプト彫刻の前で、“モナ・リザ”の前で、ビル・ヴィオラの映像作品の前で立ち尽くすのはなぜか。細部をたどる一つ一つのまなざしの動きを緻密に分析し、この深遠なる謎に迫る。その果てに、誰も語らなかった美術史が浮かびあがる。
【目次】
序章 ヒトのカタチを巡る旅へ;第1章 出発―「人型」とは何か;第2章 分岐―二つのヴィーナス像;第3章 往還―“モナ・リザ”のまなざし;第4章 流動―レンブラントの迷路;第5章 懐胎―「偶像破壊」の二十世紀;第6章 帰着―再び「人型」とは何か;終章 五千年目の曲がり角の先に
【ISBN】
978-4-00-024510-4 4-00-024510-4

Holding information 1records
1record-1record
2046743248
中央
704 /595 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP