Material information
【タイトル】
ゲーム理論による社会科学の統合
【シリーズ名】
叢書《制度を考える》  ≪再検索≫
【著者名等】
ハーバート・ギンタス/著  ≪再検索≫
【著者名等】
成田悠輔/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
小川一仁/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
川越敏司/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
佐々木俊一郎/訳  ≪再検索≫
【出版】
NTT出版 2011.7
【大きさ等】
22cm 421p
【NDC分類】
331.19
【件名】
ゲーム理論  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0211048627
【著者等紹介】
【ギンタス】1940年生まれ。社会科学・行動科学の諸分野を横断する研究者。中央ヨーロッパ大学教授・サンタフェ研究所外部教授。著書に「協力する種:人間の互恵性とその進化」など。
【著者等紹介】
【成田】マサチューセッツ工科大学大学院Ph.D課程・東京大学大学院博士課程。東京大学経済学部卒。著書「学校選択制のデザイン:ゲーム理論アプローチ」。
【注記】
文献あり 索引あり The bounds of reason./の翻訳
【目次】
意思決定理論と人間行動;ゲーム理論:基礎概念;ゲーム理論と人間行動;合理化可能性と合理性に関する共有知識;展開形における合理化可能性;混合問題:純粋化と予想;ベイズ的合理性と社会認識論;共有知識とナッシュ均衡;反省的推論と均衡情緻化;人間の社会性に関する分析;私的所有権の進化論;行動科学の統合に向けて;要約;記号の表記
【ISBN】
978-4-7571-2240-6 4-7571-2240-3

Holding information 2records
1record-2record
2046943085
中央
331.1 / 

書架
4階(社会科学)

2047146111
金沢
331 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP