Material information
【タイトル】
預言者ムハンマドとアラブ社会 信仰・暦・巡礼・交易・税からイスラム化の時代を読み解く
【著者名等】
医王秀行/著  ≪再検索≫
【出版】
福村出版 2012.2
【大きさ等】
22cm 543p
【NDC分類】
167.28
【件名】
アラビア−歴史  ≪再検索≫
【個人件名】
マホメット  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0212007591
【著者等紹介】
1959年生まれ。早稲田大学第一文学部卒、中央大学大学院博士後期課程修了。専門分野、初期イスラム史。現在、東京女学館大学教授。主要著書、R.ベル著「コーラン入門」、イブン・イスハーク著、イブン・ヒシャーム編註「預言者ムハンマド伝」。
【注記】
文献あり 索引あり
【目次】
序章;第1部 イスラム勃興期のアラブ社会(ジャーヒリーヤ時代の偶像崇拝;ジャーヒリーヤ時代のスーク(年市) ほか);第2部 ジャーヒリーヤ時代の暦法とイスラム暦(ジャーヒリーヤ時代の暦―特に神聖月との関わりから;ユダヤ暦との関わりからみたジャーヒリーヤ時代の暦法 ほか);第3部 イスラム化に伴う巡礼行事の変遷(ジャーヒリーヤ時代の巡礼とイスラム;預言者ムハンマドと巡礼行事 ほか);第4部 メッカの交易活動(メッカ貿易;イスラム勃興期における金銀の流通と鉱山 ほか);第5部 預言者ムハンマドと救貧税サダカ(ムハンマドとサダカ;ファダクの土地とムハンマドの遺産 ほか);結論
【ISBN】
978-4-571-31020-1 4-571-31020-X

Holding information 1records
1record-1record
2049716365
中央
167.2 /18 

書架
書庫(人文科学中央)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP