Material information
【タイトル】
日本(にっぽん)の原子力施設全データ 「しくみ」と「リスク」を再確認する
【版情報】
完全改訂版
【シリーズ名】
ブルーバックス  ≪再検索≫
【著者名等】
北村行孝/著  ≪再検索≫
【著者名等】
三島勇/著  ≪再検索≫
【出版】
講談社 2012.2
【大きさ等】
18cm 318p
【NDC分類】
539.2
【件名】
原子炉  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0212011844
【著者等紹介】
【北村】1950年三重県生まれ。電気通信大学物理工学科卒。読売新聞社社会部を経て、科学部で科学技術政策、原子力開発などを担当。同社論説委員、科学部長などを歴任。2010年から東京農業大学教授。著書に「悲劇の真相−日航ジャンボ機事故調査の677日」など。
【著者等紹介】
【三島】1958年名古屋市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。読売新聞社東京本社入社後、静岡支局から社会部を経て、科学部で原子力、環境問題、宇宙・天文を担当。著書に「子どもの疑問からはじまる宇宙の謎解き」など。
【注記】
文献あり 年表あり 索引あり タイトル:日本の原子力施設全データ
【要旨】
炉のタイプ、出力、所在地、建設費、主なトラブル、海抜・海岸からの距離、業務内容…。「どこに何があり、何をしているのか」がすべてわかる。原発から燃料加工・再処理施設、大学や企業が持つ研究炉まで、数ある原子力施設の全貌を知る―。原子炉全54基+関連施設を網羅した「読むデータブック」。
【目次】
第1部 原子力発電の基本を知る(フクシマ―現実となった過酷事故;原子力発電とは何か―その原理とリスクを再確認する;原子力でどのように電気を生み出すのか;原子燃料とは何か);第2部 日本の原子力施設データ(商用原子力発電所;原子力開発機関・大学・企業の研究炉;核燃料加工・再処理施設等);第3部 原子力事故にどう備えるか―放射線防護から損害賠償まで(原子力事故と放射線被曝;防災・安全対策と損害賠償を考える;原子力が抱える課題―政府、事業者、個人が考えること)
【ISBN】
978-4-06-257759-5 4-06-257759-3

Holding information 15records
1record-5record
2048435168
中央
539.2 / 

書架
4階(自然科学)

2048463358
神奈川
539 / 

書架
公開

2048442970

539 / 

書架
公開

2048666925

539 / 

書架
公開

2048634314
港南
539 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP