Material information
【タイトル】
子宮筋腫 検査から診断、最新の治療法まで
【シリーズ名】
よくわかる最新医学  ≪再検索≫
【著者名等】
佐藤孝道/著  ≪再検索≫
【著者名等】
石田友彦/著  ≪再検索≫
【出版】
主婦の友社 2012.3
【大きさ等】
21cm 127p
【NDC分類】
495.43
【件名】
子宮筋腫  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0212013154
【著者等紹介】
【佐藤】東京大学医学部卒業後、同大学医学部産婦人科学教室講師・病棟医長、虎の門病院産婦人科部長、聖路加国際病院女性総合診療部部長・生殖医療センター所長、同院遺伝診療部部長兼任を経て、現在、明理会中央総合病院婦人科顧問、武久レディースクリニック顧問。
【著者等紹介】
【石田】福島県立医科大学卒業後、同大学産婦人科助手、スズキ記念病院婦人科医長、板橋中央総合病院産婦人科医長を経て、現在、板橋中央総合病院産婦人科診療部長。
【注記】
索引あり
【要旨】
開腹手術、内視鏡下手術、FUS、UAEなど最新の治療がよくわかる。
【目次】
第1章 子宮の働きを知り、子宮筋腫について基本的な知識を深めておきましょう(子宮は下腹部の骨盤内で守られ、ほとんど筋肉でできている丈夫な臓器;「子宮って働きモノ!」と思わせるこんな役割があるのを知っていましたか? ほか);第2章 婦人科で検査を受け、くわしく調べることは、安心につながります(確定診断までの具体的な検査の流れを知っておきましょう;問診では、月経の様子などをくわしく聞かれます。事前に必要事項を調べておくとスムーズ ほか);第3章 自分にベストな治療法を見つけるなら、医師と二人三脚で(病院選びは慎重にしたいけれど、どんなことを目安にすればいい?;納得して治療を受けたいからインフォームド・コンセントはしっかりと ほか);第4章 子宮筋腫がある人の、不妊・妊娠・出産は?だれもが気になるところです(子宮筋腫がある=不妊とは限りません;不妊の場合、子宮内環境をよくするため子宮筋腫核出術も視野に ほか);第5章 手術後は、体をいたわりながら以前の生活を少しずつ取り戻して(術後トラブルは、治療法が確立しています。症状があったら、主治医に相談しましょう;腹腔鏡下手術なら2週間後、開腹手術なら1カ月後が職場・
【ISBN】
978-4-07-281973-9 4-07-281973-5

Holding information 3records
1record-3record
2048492943
中央
495.4 /309 

書架
書庫(自然科学中央)

2048646606
鶴見
495 / 

書架
公開

2048497660
瀬谷
495 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP