Material information
【タイトル】
学力政策の比較社会学 国内編
【巻タイトル】
全国学力テストは都道府県に何をもたらしたか
【出版】
明石書店 2012.3
【大きさ等】
22cm 276p
【NDC分類】
375.17
【件名】
学力検査  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0212022546
【目次】
日本の学力問題のいま;全国学力テストが都道府県にもたらしたもの;学力と社会関係資本―「つながり格差」について;大阪府 「公正」重視から「卓越性」重視へ;高知県 全国学力テストによる教育改善は成功するか;沖縄県 学力不振からの脱出をめざして;神奈川県 分権化時代の学力政策―地域拠点形成の取り組みから;兵庫県 多様性に満ちた県の学力向上方策;宮崎県 「当たり前」のことを「当たり前」に行う;秋田県 学力日本一の秘密―フィンランドとの対比から;福井県 子どもたちへと「つながる力」―学力を支える地域、育む家庭、伸ばす学校;香川県 公正をめざす教育政策が引き出す卓越性―勤勉な教師文化が支える学力;府県比較からみえてくること
【ISBN】
978-4-7503-3553-7 4-7503-3553-3

Holding information 1records
1record-1record
2048649788
中央
375.1 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP