Material information
【タイトル】
エンプロイアビリティにみる大学生のキャリア発達論 新時代の大学キャリア教育のあり方
【シリーズ名】
阪南大学叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
寿山泰二/著  ≪再検索≫
【出版】
金子書房 2012.3
【大きさ等】
22cm 225p
【NDC分類】
377.9
【件名】
就職  ≪再検索≫
【件名】
職業指導  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0212022996
【著者等紹介】
関西学院大学商学部卒、神戸商科大学大学院経営学研究科修士課程修了。兵庫教育大学大学院学校教育研究科修士課程教育臨床心理コース修了等。職歴:大学卒業後、神戸の有名洋菓子会社、住友系旅行会社等を経て、現在は阪南大学国際コミュニケーション学部教授。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
社会が大学生に求める諸能力とは。そして、それをどのように養成していくのか。エンプロイアビリティ(雇用される能力)に着目した独自の視点による研究からの提言。どんな時代が来ても対応可能な大学キャリア教育の本質を示す。
【目次】
第1章 大学生の就職状況とエンプロイアビリティ;第2章 大学生のキャリア発達とエンプロイアビリティ;第3章 大学生のエンプロイアビリティを養成するキャリア教育;第4章 大学生のエンプロイアビリティの測定・分析;第5章 大学生のエンプロイアビリティの構造分析;第6章 大学生のエンプロイアビリティ測定3尺度の活用事例;第7章 大学生のエンプロイアビリティ基礎養成プログラムの開発;第8章 総合考察;補章 就職氷河期時代の大学キャリア教育のあり方
【ISBN】
978-4-7608-2164-8 4-7608-2164-3

Holding information 1records
1record-1record
2051124556
中央
377.9 / 

書架
4階(社会科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP