Material information
【タイトル】
存在の解釈学 ハイデガー『存在と時間』の構造・転回・反復
【著者名等】
齋藤元紀/著  ≪再検索≫
【出版】
法政大学出版局 2012.3
【大きさ等】
22cm 474,40p
【NDC分類】
134.9
【個人件名】
ハイデッガー,マルティン  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0212025232
【著者等紹介】
1968年生まれ。2002年法政大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程単位取得退学。現在、法政大学サスティナビリティ研究教育機構リサーチ・アドミニストレータ、法政大学・大学院兼任講師、国士舘大学、明星大学、首都大学東京、立教大学非常勤講師。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
西洋哲学史を代表する思想家たちとの対決から切り開かれたハイデガーの思索の道には、テキストの解釈をめぐって数々の変化・起伏・反復が内在する。初期から中期にわたる重層的な思考の展開を、従来必ずしも正面から問われてこなかった「解釈学」の観点から包括的かつ批判的に跡づけ、主著『存在と時間』の方法を支えるハイデガー独自の哲学史観や歴史解釈の根本的意義を究明する画期的研究。
【目次】
序論;第1部 『存在と時間』の解釈学的構造(形式的告示的解釈学;日常性の解釈学;超越論的解釈学);第2部 『存在と時間』の解釈学的転回(脱自的瞬間の時間性;解釈学と超越論の相克;永遠回帰と転回);第3部 『存在と時間』の解釈学的反復(共同存在の解釈学;歴史の解釈学;自然の解釈学);結論
【ISBN】
978-4-588-15064-7 4-588-15064-2

Holding information 1records
1record-1record
2048659520
中央
134.9 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP