Material information
【タイトル】
建築遺産保存と再生の思考 災害・空間・歴史
【著者名等】
野村俊一/編  ≪再検索≫
【著者名等】
是澤紀子/編  ≪再検索≫
【出版】
東北大学出版会 2012.3
【大きさ等】
19cm 540p
【NDC分類】
521.8
【件名】
建築−日本  ≪再検索≫
【件名】
建築−保存・修復  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0212025793
【著者等紹介】
【野村】1975年東京都生まれ。2006年明治大学大学院理工学研究科建築学専攻後期博士課程修了。東京藝術大学美術学部建築科教育研究助手、東京大学特別研究員、日本学術振興会特別研究員を経て、現在、東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻助教。日本建築学会奨励賞ほか受賞。
【著者等紹介】
【是澤】1973年愛媛県生まれ。95年名古屋工業大学工学部卒。東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻博士前期課程修了。名古屋工業大学大学院工学研究科博士後期課程修了。一級建築士。現在、名古屋工業大学大学院工学研究科准教授。前田記念工学振興財団山田一宇賞受賞。
【注記】
会期・会場:2011年7月18日 東北大学工学部センタースクエアDOCKほか
【要旨】
東日本大震災建築の行方は?―「歴史的建造物」を読み解くための6つのキーワード。
【目次】
第1章 理念―復興の眼差し;第2章 文化―更新される歴史と文化財;第3章 手法―修復の創造性;第4章 空間―過去の読解とその作法;第5章 活用―潜在する再生力;第6章 産業―自活するコミュニティ
【内容】
内容: 保存と再生をめぐるさまざまな課題を解きほぐすために   野村俊一著
【内容】
理念復興の眼差し 講演 宮城県気仙沼小々汐地区の民家・尾形家を事例として   後藤治述
【内容】
過去の震災から何を学ぶか   足立裕司述
【内容】
質疑応答
【内容】
視点 災害前にすべきこと、災害後にできるかもしれないこと   光井渉著
【内容】
文化更新される歴史と文化財 講演 有備館の歴史を再検討する   佐藤憲一述
【内容】
郷校・有備館の建築について   永井康雄述
【内容】
有備館の人材育成と儒教文化   大川真述
【内容】
質疑応答
【内容】
視点 被害と復興の構図   藤川昌樹著
【内容】
手法修復の創造性 講演 建築遺産継承の手法論   窪寺茂述
【内容】
災害復旧の技術をめぐって   伊郷吉信述
【内容】
質疑応答
【内容】
視点 建築の保存・再生の源泉   西澤泰彦著
【内容】
空間過去の読解とその作法 講演 時を湛えた空間   佐藤弘夫述
【内容】
行為と感応の場としての「空間」   長岡龍作述
【内容】
日本建築史における「空間」概念   藤井恵介述
【内容】
質疑応答
【内容】
視点 空間から建築体へ   田路貴浩著
【内容】
活用潜在する再生力 講演 保存と活用の相克   矢野和之述
【内容】
文化財的・工学的・社会的   花里利一述
【内容】
質疑応答
【内容】
視点 災害時の保護制度   清水真一著
【内容】
産業自活するコミュニティ 講演 震災前・震災後における岩手県陸前高田市今泉集落と気仙大工   高橋恒夫述
【内容】
三陸沿岸地域における歴史的景観と生業   斎藤善之述
【内容】
ほか2編
【ISBN】
978-4-86163-189-4 4-86163-189-0

Holding information 1records
1record-1record
2048655150
中央
521.8 / 

貸出中
4階(自然科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP