Material information
【タイトル】
避難する権利、それぞれの選択 被曝の時代を生きる
【シリーズ名】
岩波ブックレット  ≪再検索≫
【著者名等】
河崎健一郎/著  ≪再検索≫
【著者名等】
菅波香織/著  ≪再検索≫
【著者名等】
竹田昌弘/著  ≪再検索≫
【著者名等】
福田健治/著  ≪再検索≫
【出版】
岩波書店 2012.6
【大きさ等】
21cm 61p
【NDC分類】
543.5
【件名】
福島第一原子力発電所事故(2011)  ≪再検索≫
【件名】
避難  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0212043400
【著者等紹介】
【河崎】1999年早稲田大学法学部卒。外資系コンサルティング会社を経て2007年早稲田大学大学院法務研究科修了。08弁護士登録。東京駿河台法律事務所所属。福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク共同代表。共編著「国家と情報−警視庁公安部「イスラム捜査」流出資料を読む」。
【著者等紹介】
【菅波】1998年東京大学工学部卒業後、化学メーカーに研究員として勤務。2007年弁護士登録。いわき法律事務所所属。各種メディアで、被災地に暮らす当事者として発言している。福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク運営委員。
【要旨】
原発の事故以降、行政による避難指示区域の外側でも、避難する人が増えている。避難を選んだ人、留まっている人、それぞれの現状報告とともに、相談にあたっている弁護士が、直面していること、関連の制度などを具体的に語る。
【目次】
はじめに 答えのない問いと向き合う;1 政府の指示による避難と、そうではない避難;2 自主避難を続ける家族;3 放射能問題と向き合うために―原発事故後の福島では;4 東京電力による損害賠償;5 求められる、政府による対応とは;おわりに 改めて避難する権利を考える
【内容】
内容: 政府の指示による避難と、そうではない避難   河崎健一郎著
【内容】
自主避難を続ける家族   竹田昌弘著
【内容】
放射能問題と向き合うために   菅波香織著
【内容】
東京電力による損害賠償   福田健治著
【内容】
求められる、政府による対応とは   河崎健一郎著
【ISBN】
978-4-00-270839-3 4-00-270839-X

Holding information 2records
1record-2record
2049291488

543 / 

書架
公開

2049281229
戸塚
543 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP