Material information
【タイトル】
うつぼ舟 4
【巻タイトル】
世阿弥の恋
【著者名等】
梅原猛/著  ≪再検索≫
【出版】
角川学芸出版 2012.7
【出版】
角川グループパブリッシング
【大きさ等】
20cm 276p
【NDC分類】
773
【件名】
能楽  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0212054255
【著者等紹介】
大正14年宮城県生まれ。哲学から仏教の研究に入り、その間に「隠された十字架」などを執筆。その後、縄文・アイヌ研究。「梅原日本学」を確立。現在、「梅原学」確立のため、中世の文学・宗教としての「能」の研究に入る。国際日本文化研究センター初代所長。哲学者。
【注記】
文献あり
【要旨】
哲学者・梅原猛が、世阿弥の恋の能で、「日本中世の闇」を解き明かす。世阿弥は能で何を語ったか。作品に秘められたその心に入る。
【目次】
1 恋(「井筒」その1―中世注釈書の世界;「井筒」その2―水鏡の女 ほか);2 狂(「丹後物狂」―男物狂いと世阿弥;「花月」―鴬飼うこと ほか);3 闇(「蝉丸」―三つの悲劇;「景清」―父娘対面と幻の「武勇譚」 ほか);4 老(「山姥」―霊の女から畏怖する自然へ;「関寺小町」―“狂”が走る ほか)
【ISBN】
978-4-04-621194-1 4-04-621194-6

Holding information 1records
1record-1record
2049514797
中央
773 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP