Material information
【タイトル】
メルロ=ポンティと病理の現象学
【著者名等】
澤田哲生/著  ≪再検索≫
【出版】
人文書院 2012.9
【大きさ等】
20cm 324p
【NDC分類】
493.71
【件名】
精神病理学  ≪再検索≫
【個人件名】
メルロー・ポンティ,モリス  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0212069747
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
高次脳機能障害、幻影肢、ヒステリー、統合失調症、文化・政治の病的形象―メルロ=ポンティが論じた“病”の包括的検討を通し、思想の新たな地平を切り拓く、新鋭による豊潤な達成。
【目次】
若きメルロ=ポンティと病的現象の発見;第1部 高次脳機能障害(『行動の構造』における病的現象の位相;症例シュナイダーと経験の平板化―失認とアナロジー障害;症例ベルクマンと色名健忘症);第2部 幻影肢(幻影肢現象―シャルコー・レルミット・メルロ=ポンティ;政治の病理学―サルトル情緒理論の受容);第3部 精神分析・精神病理学・文学(性・失声・身体―症例シュナイダーから失声現象へ;精神分裂病;ヒステリー―『受動性講義』における症例ドーラ;文学表現における病的現象―メルロ=ポンティとクロード・シモン)
【内容】
内容: 序論
【内容】
若きメルロ=ポンティと病的現象の発見
【内容】
高次脳機能障害 『行動の構造』における病的現象の位相
【内容】
症例シュナイダーと経験の平板化
【内容】
症例ベルクマンと色名健忘症
【内容】
幻影肢 幻影肢現象
【内容】
政治の病理学
【内容】
精神分析・精神病理学・文学 性・失声・身体
【内容】
精神分裂病
【内容】
ヒステリー
【内容】
文学表現における病的現象
【ISBN】
978-4-409-04103-1 4-409-04103-7

Holding information 1records
1record-1record
2049758998
中央
493.71 / 

書架
4階(自然科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP