Material information
【タイトル】
社会的なもののために
【著者名等】
市野川容孝/編  ≪再検索≫
【著者名等】
宇城輝人/編  ≪再検索≫
【出版】
ナカニシヤ出版 2013.2
【大きさ等】
21cm 365p
【NDC分類】
304
【書誌番号】
3-0500015033
【著者等紹介】
【市野川】1964年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。東京大学大学院総合文化研究科教授。社会学。「社会」「人権の再問」「社会学」他。
【著者等紹介】
【宇城】1967年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。福井県立大学学術教養センター准教授。社会学・社会思想史。「自由への問い第6巻労働」「変異するダーウィニズム」他。
【注記】
内容: ネオリベラリズムと社会的な国家 基調報告 / 市野川容孝述 討議 / 市野川容孝, 宇城輝人, 宇野重規, 小田川大典, 北垣徹, 酒井隆史, 中野耕太郎, 前川真行述 労働はまだ社会的なものの基礎たりうるか 基調報告 / 宇城輝人述 討議 / 宇城輝人, 市野川容孝, 宇野重規, 小田川大典, 酒井隆史, 前川真行, 道場親信, 山森亮述 社会的なものと/の境界 基調報告 / 宇野重規述 討議 / 宇野重規, 市野川容孝, 宇城輝人, 北垣徹, 酒井隆史, 中野耕太郎, 前川真行, 山森亮述 社会的なものの認識の歩みとデモクラシーの未来 基調報告 / 小田川大典述 討議 / 小田川大典, 市野川容孝, 宇城輝人, 宇野重規, 北垣徹, 斎藤光, 前川真行述 日本における社会的なものをめぐる抗争 基調報告 / 酒井隆史述 討議 / 酒井隆史, 市野川容孝, 宇城輝人, 宇野重規, 小田川大典, 川越修, 斎藤光, 前川真行, 道場親信述 〈3・11以後〉と社会的なもの 基調報告 / 前川真行述 討議 / 前川真行, 市野川容孝, 宇城輝人, 宇野重規, 小田川大典述
【要旨】
平等・連帯・自律を志向する理念としての“社会的なもの”。暗闇の時代に、その潜勢力を来たるべき政治にむけて徹底的に討議する。
【目次】
第1章 ネオリベラリズムと社会的な国家;第2章 労働はまだ社会的なものの基礎たりうるか;第3章 社会的なものと/の境界;第4章 社会的なものの認識の歩みとデモクラシーの未来;第5章 日本における社会的なものをめぐる抗争;第6章 “3.11以後”と社会的なもの
【ISBN】
978-4-7795-0724-3 4-7795-0724-3

Holding information 2records
1record-2record
2050093401
中央
304 /イ 

書架
4階(社会科学)

2052105482

304 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP