Material information
【タイトル】
微積分学講義 上
【著者名等】
Howard Anton/著  ≪再検索≫
【著者名等】
Irl Bivens/著  ≪再検索≫
【著者名等】
Stephen Davis/著  ≪再検索≫
【著者名等】
井川満/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
西田吾郎/監修  ≪再検索≫
【出版】
京都大学学術出版会 2013.2
【大きさ等】
26cm 317,79,3p
【NDC分類】
413.3
【件名】
微分学  ≪再検索≫
【件名】
積分学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500021900
【著者等紹介】
【Anton】Lehigh University卒。Polytechnic University of BrooklynよりPh.D取得。1960年代前半は有人宇宙飛行計画事業に従事。68年Drexel Universityで数学を教え、時間の大半を教科書執筆に捧げる。
【著者等紹介】
【Bivens】Pfeiffer College卒。University of North Carolina at Chapel HillよりPh.D取得。1982年よりDavidson Collegeで数学を教える。
【注記】
Calculus.7th ed.の翻訳
【要旨】
大学の数学はここから始まる。丁寧な解説で概念や公式の理解を深め、豊富な演習問題で思考力と計算力を鍛える。具体的な場面設定の演習問題で、理学や工学、経済学ほか、広範な専門領域への応用に役立つ。
【目次】
第1章 関数(関数とグラフの解析;関数の性質 ほか);第2章 極限と連続性(極限(直感的なアプローチ);極限の計算 ほか);第3章 微分(傾きと変化率;微分 ほか);第4章 導関数を用いてグラフを描くことおよび他の応用(関数の解析1:増加、減少、凸性;関数の解析2:極値;1階導関数と2階導関数によるテスト ほか)
【内容】
索引あり
【ISBN】
978-4-87698-583-8 4-87698-583-9

Holding information 1records
1record-1record
2050076620
中央
413.3 / 

書架
4階(自然科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP