Material information
【タイトル】
ヒルガード分割された意識 〈隠れた観察者〉と新解離説
【著者名等】
アーネスト・R.ヒルガード/著  ≪再検索≫
【著者名等】
児玉憲典/訳  ≪再検索≫
【出版】
金剛出版 2013.2
【大きさ等】
22cm 455p
【NDC分類】
145
【件名】
異常心理学  ≪再検索≫
【件名】
意識  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500022928
【著者等紹介】
【ヒルガード】1904年米国イリノイ州生まれ。イリノイ大学で化学工学を学んだあと、心理学を学ぶためにイェール大学に移る。33年スタンフォード大学に移り、69年まで教授。心理学部の学部長や大学院の研究科長を勤めた。49年米国心理学会会長。2001年逝去。
【著者等紹介】
【児玉】1944年東京都生まれ。74年早稲田大学大学院心理学専攻博士課程修了。杏林大学医学部心理学教授、精神神経科学併任教授を定年退職後、現在、同医学部客員教授。専攻は臨床心理学。臨床心理士。訳書に、S.タラチョウ「精神療法入門」など。
【注記】
Divided consciousness.expanded ed.の翻訳
【要旨】
本書は、大著『ヒルガードの心理学』で高名な著者による、解離説についての代表的著作であり、欧米ではヒルガードの研究の精髄と評されたものである。
【目次】
分割された意識と解離概念;憑依状態、遁走、多重人格;催眠性年齢退行;健忘と抑圧;夢、幻覚、想像;筋肉運動の随意的制御と不随意的制御;自動書記と分割された注意;催眠にかかる人と催眠経験;催眠下の分割された意識―“隠れた観察者”;催眠にかかった人は隠れた観察者をどのように認識し、解釈するか;分割された意識に関する新解離説;より広い領域での新解離;催眠反応性の測定;補遺
【内容】
文献あり 索引あり
【ISBN】
978-4-7724-1285-8 4-7724-1285-9

Holding information 1records
1record-1record
2050095390
中央
145 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP