Material information
【タイトル】
生物多様性のしくみを解く 第六の大量絶滅期の淵から
【著者名等】
宮下直/著  ≪再検索≫
【出版】
工作舎 2014.4
【大きさ等】
19cm 227p
【NDC分類】
468
【件名】
生物多様性  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500153349
【著者等紹介】
1961年長野県生まれ。85年東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。現在、東京大学大学院農学生命科学研究科、生圏システム学専攻教授。2012年には日本蜘蛛学会会長に就任。
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
「生態系の多様性」すなわち「場の多様性」。危機は回避できる!トキ、ミヤマシジミ、ベッコウトンボ、カワラノギク、イシカワガエル…なぜ、絶滅の淵にあるのか、その理由を知ることから始まる。
【目次】
人類の出現と病める地球生態系;第1章 共通のルーツ(生命の誕生と地球環境の形成;種の形態と、それぞれのライフスタイル;多様な生物に、共通するしくみ;共通のルーツから多様な誕生へ);第2章 生態系のしくみ(多くの種が棲める理由;生態系とそのつながり;生態系のバランスと平衡;ネットワークで維持されるバランス);第3章 問題の実態(減り続ける生き物たち;増えすぎた生物);第4章 対策と治療(生物多様性を守る自然公園;生態系の治療);第5章 多様性の原理(「生物の多様性」は、なぜ必要か;生態系の多様性=場の多様性;多様性の共通原理)
【ISBN】
978-4-87502-456-9 4-87502-456-8

Holding information 2records
1record-2record
2052210626
中央
468 / 

書架
4階(自然科学)

2053445678
金沢
468 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP