Material information
【タイトル】
「イスラム国」最終戦争
【シリーズ名】
朝日新書  ≪再検索≫
【著者名等】
国枝昌樹/著  ≪再検索≫
【出版】
朝日新聞出版 2016.6
【大きさ等】
18cm 281p
【NDC分類】
316.4
【件名】
イスラム国  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500387733
【著者等紹介】
1946年神奈川県生まれ。一橋大学卒業後、外務省入省。1978年在エジプト日本国大使館一等書記官、1989年在イラク日本国大使館参事官、1991年ジュネーブ軍縮会議日本政府代表部公使。2006年在シリア特命全権大使に就任、2010年退官。著書に『シリア アサド政権の40年史』(平凡社)など。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【要旨】
「イスラム国(IS)」その壊滅への道はすでに始まっている!本拠のシリア、イラクで追いつめられ、世界各地へ飛び火するテロの恐怖。多発するヨーロッパのテロ事件の真相、ボコ・ハラムをはじめとする世界のイスラム過激派の動向、シリア・中東の未来、そして日本への影響など、元在シリア大使である著者が最新情勢を解説する。
【目次】
1章 「イスラム国」の没落が始まった!(3歳の男児が戦局を一変させた;国境の重要拠点で敗退 ほか);2章 「非常事態」続くヨーロッパ戦線(ベルギー空港・地下鉄連続自爆テロの衝撃;暴走するスリーピング・エージェント ほか);3章 新天地をめぐる「イスラム国」の迷走(急増するIS系武装グループ;なぜ、「イスラム国」の傘下に入るのか ほか);4章 「終戦」へのシナリオと「関係国」の思惑(シリア和平協議は終局を目指す戦略;停戦の火種ヌスラ戦線 ほか);終章 日本と「イスラム国」との対決、その反省(「邦人殺害テロ事件の対応に関する検証委員会検証報告書」;「退避勧告を発出している」から人員を派遣できなかった? ほか)
【ISBN】
978-4-02-273097-8 4-02-273097-8

Holding information 3records
1record-3record
2056445890
中央
316.4 / 

書架
4階(社会科学)

2056465920
戸塚
316 / 

書架
公開

2069061110
瀬谷
316 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP