Material information
【タイトル】
脳はいかに治癒をもたらすか 神経可塑性研究の最前線
【著者名等】
ノーマン・ドイジ/〔著〕  ≪再検索≫
【著者名等】
高橋洋/訳  ≪再検索≫
【出版】
紀伊國屋書店 2016.7
【大きさ等】
20cm 591p
【NDC分類】
491.371
【件名】
脳  ≪再検索≫
【件名】
神経科学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500393149
【著者等紹介】
【ノーマン・ドイジ】精神科医・精神分析医。コロンビア大学精神分析研究センターおよびトロント大学精神医学部に所属。古典と哲学を専攻後、コロンビア大学で精神医学と精神分析学を学ぶ。作家・エッセイスト・詩人でもあり、カナダのNational Magazine Gold Awardを4度受賞。テレビやラジオ等へも頻繁に出演し、国内外で精力的に講演を行なう。2008年に翻訳が刊行された前作『脳は奇跡を起こす』(講談社インターナショナル)の原書 The Brain That Changes Itself(Viking, 2007)は19か国語に翻訳されている。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【著者等紹介】
【高橋洋】翻訳家。同志社大学文学部文化学科卒(哲学及び倫理学専攻)。訳書にドゥアンヌ『意識と脳』、レイン『暴力の解剖学』、ハイト『社会はなぜ左と右にわかれるのか』、(以上、紀伊國屋書店)ほかがある。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり 索引あり 原タイトル:The Brain’s Way of Healing
【要旨】
光、音、電気、運動、そして心の作用が、脳の配線をつなぎ変える!米国で人気の精神科医が、難病を克服した数々の患者や、医師、関係者らを徹底取材。回復するまでの驚きのエピソードとともに神経可塑性研究の最前線が克明に綴られ、ニューヨークタイムズ・ベストセラーに輝いた、科学・医療読み物の注目作。
【目次】
第1章 ある医師の負傷と治癒―マイケル・モスコヴィッツは慢性疼痛を脱学習できることを発見する;第2章 歩くことでパーキンソン病の症状をつっぱねた男―いかに運動は変性障害をかわし、認知症を遅らせるのに役立つか;第3章 神経可塑的治癒の四段階―いかに、そしてなぜ有効に作用するのか;第4章 光で脳を再配線する―光を用いて休眠中の神経回路を目覚めさせる;第5章 モーシェ・フェルデンクライス 物理学者、黒帯柔道家、そして療法家―動作に対する気づきによって重度の脳の障害を癒す;第6章 視覚障害者が見ることを学ぶ―フェルデンクライス・メソッド、仏教徒の治療法、その他の神経可塑的メソッド;第7章 脳をリセットする装置―神経調節を導いて症状を逆転させる;第8章 音の橋―音楽と脳の特別な結びつき
【ISBN】
978-4-314-01137-2 4-314-01137-8

Holding information 6records
1record-5record
2056513054
中央
491.3 / 

書架
4階(自然科学)

2058472088
港南
491 / 

書架
公開

2058472258

491 / 

予回送
公開

2058472096
磯子
491 / 

書架
公開

2058476954
金沢
491 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 1 people.


▼results list
[0]TOP