Material information
【タイトル】
世界の複数性について
【著者名等】
デイヴィッド・ルイス/著  ≪再検索≫
【著者名等】
出口康夫/監訳  ≪再検索≫
【著者名等】
佐金武/〔ほか〕訳  ≪再検索≫
【出版】
名古屋大学出版会 2016.8
【大きさ等】
22cm 332,12p
【NDC分類】
111
【件名】
形而上学  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500408301
【著者等紹介】
【出口康夫】1962年生まれ。名古屋工業大学専任講師などを経て現在京都大学大学院文学研究科教授 著書 The Moon Points Back(共編,Oxford UP,2015)他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【著者等紹介】
【佐金武】1978年生まれ。大阪市立大学大学院文学研究科講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり 索引あり 原タイトル:On the Plurality of Worlds
【要旨】
現代哲学の金字塔。われわれの住むこの世界とは異なる、可能世界は実在するのか―この上なく大胆な枠組みを、明晰かつ説得力ある語り口で展開。世界のあり方を新たに問いかけ、知的転回をもたらした衝撃作、ついに邦訳。
【目次】
第1章 哲学者の楽園(世界の複数性テーゼ;様相実在論に何ができるか―様相 ほか);第2章 楽園にあるパラドックス?(あらゆるものが現実的になってしまう?;すべての世界がひとつの世界のうちにある? ほか);第3章 安上がりな楽園?(代用主義のプログラム;言語的代用主義 ほか);第4章 対応者か、それとも二重生活者か?(良い問いと悪い問い;世界のオーバーラップへの反論 ほか)
【ISBN】
978-4-8158-0846-4 4-8158-0846-5

Holding information 0records
Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP