Material information
【タイトル】
茶書は語る
【シリーズ名】
茶道教養講座  ≪再検索≫
【著者名等】
原田茂弘/著  ≪再検索≫
【出版】
淡交社 2016.12
【大きさ等】
18cm 227p
【NDC分類】
791.2
【件名】
茶道−歴史  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500437869
【著者等紹介】
表千家不審菴文庫首席研究員。1963年生。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得退学。専門は日本文化史、おもに茶道史。茶の湯文化学会理事。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり
【要旨】
これまでの茶書研究をまとめると同時に、茶人が残し継承してきた茶書をていねいに読み解くことで、各時代の茶の湯の展開や実態に迫ります。
【目次】
第1章 茶書に学ぶ;第2章 茶書と茶の湯の歴史;第3章 茶会記にみる茶の湯の諸相;第4章 名物記と道具の歴史;第5章 聞書・覚書と茶の湯の伝承;第6章 茶書にみる逸話;第7章 『南方録』と『茶の本』
【ISBN】
978-4-473-04146-3 4-473-04146-8

Holding information 1records
1record-1record
2057890005
保土谷
791 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP