Material information
【タイトル】
時間と自由意志 自由は存在するか
【著者名等】
青山拓央/著  ≪再検索≫
【出版】
筑摩書房 2016.11
【大きさ等】
20cm 278,14p
【NDC分類】
151.2
【件名】
自由意志  ≪再検索≫
【件名】
時間・空間  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500438461
【著者等紹介】
1975年生まれ。現在、山口大学時間学研究所准教授。慶應義塾大学より博士(哲学)を取得。県立浦和高校、千葉大学文学部、同大学院博士課程、日本学術振興会特別研究員などを経て現職。2006年、日本科学哲学会第1回石本賞を受賞。2011年、文部科学大臣表彰科学技術賞を研究グループにて受賞。著書に『幸福はなぜ哲学の問題になるのか』(太田出版)ほか。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり 索引あり 欧文タイトル:DIVERGING TIME
【要旨】
これまで自由意志/決定論の対立として論じられてきた難問を、自由とは何かという議論からいったん離れ、「分岐問題」の枠組みのもとで考察しなおす。従来の哲学が依拠してきた対立図式を根底から揺さぶり、自由をめぐる議論に新たな境地をひらく圧倒的論考。
【目次】
第1章 分岐問題(導入;問題の構造 ほか);第2章 自由意志(概観;意志と主体 ほか);第3章 実現可能性(時間と様相;スコトゥスとアリストテレス ほか);第4章 無自由世界(他我問題の反転;ストローソンとデネット ほか);補論(時制的変化は定義可能か―マクタガートの洞察と失敗;無知の発見―猫の懐疑とウィトゲンシュタイン ほか)
【ISBN】
978-4-480-84745-4 4-480-84745-6

Holding information 1records
1record-1record
2057890242
中央
151.2 / 

貸出中
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP