Material information
【タイトル】
ぼくらは地方で幸せを見つける ソトコト流ローカル再生論
【シリーズ名】
ポプラ新書  ≪再検索≫
【著者名等】
指出一正/著  ≪再検索≫
【出版】
ポプラ社 2016.12
【大きさ等】
18cm 250p
【NDC分類】
601.1
【件名】
地域開発−日本  ≪再検索≫
【件名】
青年−日本  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500442847
【著者等紹介】
月刊『ソトコト』編集長。1969年群馬県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。雑誌『Outdoor』編集部、『Rod and Reel』編集長を経て、現職。島根県「しまコトアカデミー」メイン講師をはじめ、地域のプロジェクトに多く携わる。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり
【要旨】
「豊かな社会」の尺度が変わる。若者が主役!の新しいまちづくり。人口増加や経済効果重視の観光化ではなく、若い世代が中心となり、全国から人が集まるまちがある。未来への手ごたえを感じ、仲間を巻き込みながら、地元の底力を引き出す秘訣はなんなのか。「若者」×「ローカル」に学ぶ、暮らし方、働き方。
【目次】
第1章 ローカルに価値を見出す若者たち;第2章 関係人口を増やす(生きるアート集団、全国で仲間を増殖中!―パーリー建築(新潟県十日町市他);「縁」でつながる新しい移住のカタチ―ペンターン女子(宮城県気仙沼市) ほか);第3章 未来をつくる手ごたえ(エネルギー・食・仕事を自給する暮らしの提案―いとしまシェアハウス 畠山千春(福岡県糸島市);「幸福な過疎地」のロールモデルを目指す―十日町市地域おこし実行委員会 多田朋孔(新潟県十日町市) ほか);第4章 自分ごととして楽しむ(空き家からまちの賑わいを取り戻す―nanoda代表 山田崇(長野県塩尻市);着ぐるみで地域おこしの可能性を実験中!―桃色ウサヒ 佐藤恒平(山形県朝日町) ほか);第5章 地域の未来をみんなでつくる
【ISBN】
978-4-591-15284-3 4-591-15284-7

Holding information 2records
1record-2record
2058124365

601 / 

書架
公開

2057949395
山内
601 / 

予受待
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 1 people.


▼results list
[0]TOP