Material information
【タイトル】
トルコ現代史 オスマン帝国崩壊からエルドアンの時代まで
【シリーズ名】
中公新書  ≪再検索≫
【著者名等】
今井宏平/著  ≪再検索≫
【出版】
中央公論新社 2017.1
【大きさ等】
18cm 320p
【NDC分類】
227.4
【件名】
トルコ−歴史−20世紀  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500452505
【著者等紹介】
1981年,長野県生まれ.2006年,中央大学大学院法学研究科政治学専攻博士前期課程修了.06年からトルコのビルケント大学に留学,07年から11年までトルコの中東工科大学国際関係学部博士課程に留学.11年,中東工科大学国際関係学部博士課程修了.13年,中央大学大学院法学研究科政治学専攻博士後期課程修了.中東工科大学Ph.D.(International Relations).中央大学博士(政治学).16年より日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所研究員.専門は,現代トルコ外交・国際関係論.著書『中東秩序をめぐる現代トルコ外交』(ミネルヴァ書房,2015年)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり
【要旨】
1923年に建国したトルコ共和国。革命を主導し、建国の父となったムスタファ・ケマルは、共和主義・民族主義・人民主義・国家資本主義・世俗主義・革命主義という6原則を掲げ国家運営の舵を取った。それから約1世紀、数度のクーデタ、オザル首相の政治改革を経たトルコでは、エルドアンが政敵を排除しながら躍進を続けている。ケマルが掲げた6原則を通して、トルコの百年の足跡を振り返る。
【目次】
序章 トルコはいま、何を目指しているのか;第1章 トルコ共和国の国家建設;第2章 複数政党制下における混乱;第3章 冷戦期のトルコ外交;第4章 トゥルグット・オザルの時代;第5章 迷走する第三共和政;第6章 公正発展党の台頭とその政権運営;第7章 安定を模索する公正発展党;第8章 トルコと日本の関係;終章 建国一〇〇周年を見据えて
【ISBN】
978-4-12-102415-2 4-12-102415-X

Holding information 15records
1record-5record
2058102787
鶴見
226 / 

書架
公開

2058102876
神奈川
226 / 

書架
公開

2058102841

227 / 

書架
公開

2058141731

227 / 

書架
公開

2058102817
港南
226 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP