Material information
【タイトル】
クルーグマン国際経済学 理論と政策 上
【巻タイトル】
貿易編
【著者名等】
P.R.クルーグマン/著  ≪再検索≫
【著者名等】
M.オブストフェルド/著  ≪再検索≫
【著者名等】
M.J.メリッツ/著  ≪再検索≫
【著者名等】
山形浩生/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
守岡桜/訳  ≪再検索≫
【出版】
丸善出版 2017.1
【大きさ等】
21cm 350,16,9p
【NDC分類】
333.6
【件名】
国際経済  ≪再検索≫
【件名】
貿易  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500452602
【著者等紹介】
【P.R.クルーグマン】ニューヨーク市立大学大学院センター経済学教授.2008年にはノーベル経済学賞受賞.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【著者等紹介】
【M.オブストフェルド】カリフォルニア大学バークレー校経済学部教授.国際通貨基金(IMF)の主任エコノミスト.(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
索引あり 原タイトル:INTERNATIONAL ECONOMICS 原書第10版の翻訳
【要旨】
ノーベル経済学賞受賞者・クルーグマンらによる世界で最も使われている国際経済学のテキスト。基礎から最先端までを網羅。懇切丁寧な説明とグラフの多用による明快な解説で、ミクロ経済・マクロ経済・経済数学の基礎知識がなくても十分に理解できる内容。この原書第10版では、メリッツ教授も執筆者に加わり、日本のアベノミクス、2008年リーマンショックにはじまる通貨危機、その後のユーロ危機をめぐる解説や、新たなグローバル金融秩序構築の方向性なども最先端理論をもとに平易に説明されている。
【目次】
第1部 国際貿易理論(世界貿易の概観;労働生産性と比較優位:リカードのモデル;特殊要素と所得分配;資源と貿易:ヘクシャー=オリーン・モデル;標準貿易モデル;規模の外部経済と生産の国際立地;グローバル経済の企業:輸出判断、アウトソーシング、多国籍企業);第2部 国際貿易政策(貿易政策のツール;貿易政策の政治経済;発展途上国の貿易政策;貿易政策をめぐる論争)
【ISBN】
978-4-621-30057-2 4-621-30057-1

Holding information 1records
1record-1record
2058114980
戸塚
333 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP