Material information
【タイトル】
冬の日誌
【著者名等】
ポール・オースター/〔著〕  ≪再検索≫
【著者名等】
柴田元幸/訳  ≪再検索≫
【出版】
新潮社 2017.2
【大きさ等】
20cm 216p
【NDC分類】
930.28
【個人件名】
オスタポル≧≧
【書誌番号】
3-0500464785
【著者等紹介】
【ポール・オースター】1947年、ニュージャージー州ニューアーク生まれ。コロンビア大学で英文学と比較文学を専攻、大学院中退後にフランスに渡る。詩、評論、翻訳等を手がけたあと、1985年から1986年にかけての「ニューヨーク三部作」(『ガラスの街』『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』)で小説家として世界的に注目を集め、以後現代アメリカ文学を代表する作家として活躍を続ける。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【著者等紹介】
【柴田元幸】1954年、東京生まれ。翻訳家、東京大学名誉教授。文芸誌「MONKEY」編集長。『生半可な學者』で講談社エッセイ賞、『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞、トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』で日本翻訳文化賞受賞。現代アメリカ文学を中心に訳書多数。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
著作目録あり 原タイトル:WINTER JOURNAL
【要旨】
いま語れ、手遅れにならないうちに。幼時の大けが、性の目覚め。パリでの貧乏暮らし。暮らしてきた家々。妻との出会い。母の死―。「人生の冬」を迎えた作家の、肉体と感覚をめぐる回想録。
【ISBN】
978-4-10-521718-1 4-10-521718-6

Holding information 9records
1record-5record
2058473947
中央
930.2 /オ 

書架
5階(人文科学)

2060842925
鶴見
930 /オ 

貸出中
公開

2058473920

930 /オ 

書架
公開

2058284826
港南
930 /オ 

書架
公開

2058546758
保土谷
930 /オ 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP