Material information
【タイトル】
海と生きる作法 漁師から学ぶ災害観
【著者名等】
川島秀一/著  ≪再検索≫
【出版】
冨山房インターナショナル 2017.3
【大きさ等】
19cm 293p
【NDC分類】
384.36
【件名】
漁撈−東北地方−歴史  ≪再検索≫
【件名】
津波−東北地方−歴史  ≪再検索≫
【件名】
死生観  ≪再検索≫
【件名】
東日本大震災(2011)  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500469395
【著者等紹介】
1952年生まれ。宮城県気仙沼市出身。法政大学社会学部卒業。博士(文学)。東北大学附属図書館、気仙沼市史編纂室、リアス・アーク美術館、神奈川大学特任教授などを経て、現在、東北大学災害科学国際研究所教授。著書に、『ザシキワラシの見えるとき』(1999・法政大学出版局)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【要旨】
三陸の漁師たちは海で生活してきたのではなく、海と生活してきた。今こそ、津波に何度も来襲された三陸沿岸に生き続けた漁師の、運命観、死生観、そして自然観に学ぶときではないか。「海と生きる」という意味を考える。
【目次】
1 三陸の海から(三陸の海と信仰;三陸の歴史と津波―海と人のつながり;「東北」の過去から未来へ向けて―津波と三陸沿岸をめぐって;津波と生活文化の伝承;自然災害から回復する漁業集落の諸相―東日本大震災と三陸漁村;三陸大津波と漁業集落―山口弥一郎『津浪と村』を受け継ぐために);2 漁師の自然観・災害観(海の音の怪;津波と海の民俗;魚と海難者を祀ること;災害伝承と自然観);3 海の傍らで津波を伝える(津波石の伝承誌;津波碑から読む災害観―人々は津波をどのように捉えてきたのか;災害伝承と死者供養;津波伝承と減災);4 動き始めた海の生活(「情けのイナサ」を再び―仙台市若林区荒浜の漁業の再興;和船の復元と漁労の復興―閖上と歌津;海は一つの大きな生き物である)
【内容】
内容:三陸の海と信仰. 三陸の歴史と津波. 「東北」の過去から未来へ向けて. 津波と生活文化の伝承. 自然災害から回復する漁業集落の諸相. 三陸大津波と漁業集落. 海の音の怪. 津波と海の民俗. 魚と海難者を祀ること. 災害伝承と自然観. 津波石の伝承誌. 津波碑から読む災害観. 災害伝承と死者供養. 津波伝承と減災. 「情けのイナサ」を再び. 和船の復元と漁労の復興. 海は一つの大きな生き物である
【ISBN】
978-4-86600-025-1 4-86600-025-2

Holding information 2records
1record-2record
2058560424
中央
384.3 / 

書架
4階(社会科学)

2061926529
港北
384 / 

書架
公開

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP