Material information
【タイトル】
人文情報学読本 胎動期編
【シリーズ名】
比較文化研究ブックレット  ≪再検索≫
【著者名等】
大矢一志/著  ≪再検索≫
【出版】
神奈川新聞社 2017.3
【大きさ等】
21cm 175p
【NDC分類】
002.7
【件名】
人文科学−データ処理  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500475710
【著者等紹介】
1965年生(福島県) 鶴見大学文学部教授 1992年千葉大学文学研究科(言語学) 修士(文学) 2001年千葉大学自然科学研究科(情報システム科学) 博士(学術) かつての専門は、言語行為論(Speech Act Theory)、状況理論(Situation Theory)。現在の専門は、マークアップ言語、言語ドキュメンテーション。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
欧文タイトル:Digital Humanities Reader
【注記】
企画・編集:鶴見大学比較文化研究所
【要旨】
デジタルヒューマニティーズ、デジタル人文学の黎明期を学ぶ基本文献を網羅。研究者必読の書。
【目次】
人文情報学の歴史;人文情報学のはじまり(1951年);計算機の技術開発;テキスト処理・言語工学(1957年);言語資料の作成;計算機科学者の夢(1962年);IBMが描く人文情報学(1964年);計算機は人文学に役立つのか(1965年);人文学における計算機(1967年);人文情報学の確立(1971年)
【ISBN】
978-4-87645-563-8 4-87645-563-5

Holding information 1records
1record-1record
2058571558
中央
002.7 / 

書架
3階(一般調査)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP