Material information
【タイトル】
ウィーンとヴェルサイユ ヨーロッパにおけるライバル宮廷1550〜1780
【シリーズ名】
人間科学叢書  ≪再検索≫
【著者名等】
J.ダインダム/著  ≪再検索≫
【著者名等】
大津留厚/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
小山啓子/訳  ≪再検索≫
【著者名等】
石井大輔/訳  ≪再検索≫
【出版】
刀水書房 2017.3
【大きさ等】
22cm 417p
【NDC分類】
234.9
【件名】
王室−ヨーロッパ−歴史  ≪再検索≫
【件名】
ハプスブルク(家)  ≪再検索≫
【件名】
ブルボン(家)  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500476963
【著者等紹介】
【大津留厚】1952年生 東京大学大学院社会学研究科国際関係論専攻博士課程単位取得退学 学位:国際学修士 現在、神戸大学大学院人文学研究科教授 主要業績:『ハプスブルクの実験―多文化共存を目指して』(中公新書、1995/増補改訂版、春風社、2007)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【著者等紹介】
【小山啓子】1971年生 九州大学大学院比較社会文化研究科国際社会文化専攻博士後期課程修了 学位:博士(比較社会文化) 現在、神戸大学大学院人文学研究科准教授 主要業績:『フランス・ルネサンス王政と都市社会―リヨンを中心として』(九州大学出版会、2006)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり 索引あり 原タイトル:Vienna and Versailles
【目次】
第1部 序(宮廷史研究の諸問題;近世前夜の王室);第2部 廷臣たち(宮廷の人数と費用;地位と収入);第3部 宮廷生活(宮廷生活のカレンダー;宮廷における儀式と地位);第4部 権力(宮廷における権力のあり方;国家の中心としての宮廷);第5部 結(結論と展望)
【ISBN】
978-4-88708-424-7 4-88708-424-2

Holding information 1records
1record-1record
2058481877
中央
234.9 / 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP