Material information
【タイトル】
弥生時代人物造形品の研究
【著者名等】
設楽博己/著  ≪再検索≫
【著者名等】
石川岳彦/著  ≪再検索≫
【出版】
同成社 2017.3
【大きさ等】
27cm 290p
【NDC分類】
210.27
【件名】
弥生式文化時代  ≪再検索≫
【件名】
土器−日本  ≪再検索≫
【書誌番号】
3-0500477994
【著者等紹介】
【設楽博己】1956年生 筑波大学大学院歴史人類学研究科博士課程単位取得退学 東京大学大学院人文社会系研究科教授 博士(文学) 〔主要著作〕『先史日本を復元する 4』(共著)岩波書店、2005年ほか。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【著者等紹介】
【石川岳彦】1975年生 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了 東京大学大学院人文社会系研究科助教 博士(文学) 〔主要著作〕「春秋戦国時代の燕国の青銅器−紀元前5・6世紀を中心に−」『新弥生時代のはじまり』第3巻、雄山閣、2008年ほか。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
【注記】
文献あり 索引あり
【要旨】
弥生時代の人物造形品について全国悉皆調査を行い、600余点を集成。起源、分布状況や特質を抽出し、縄文時代や古墳時代との相違・継承点を分析するほか、中国の出土例を含めた考察により、その文化変容と社会的背景を論究する。
【目次】
東北地方の弥生土偶とその周辺;黥面土偶とその周辺;副葬される土偶;土偶形容器考;神奈川県中屋敷遺跡出土土偶形容器の年代;人面付土器の諸類型;土偶形容器と人面付土器の区分;西日本と中部高地地方の弥生土偶;分銅形土製品に対する一考察;木偶と石偶;偶像の農耕文化的変容;人面付土器Cから盾持人埴輪へ;方相氏の伝来と仮面;中国東北地方における先史時代の人物造形品;弥生時代における人物造形品の特質
【内容】
内容:東北地方の弥生土偶とその周辺. 黥面土偶とその周辺. 副葬される土偶. 土偶形容器考. 神奈川県中屋敷遺跡出土土偶形容器の年代. 人面付土器の諸類型. 土偶形容器と人面付土器の区分. 西日本と中部高地地方の弥生土偶. 分銅形土製品に対する一考察. 木偶と石偶. 偶像の農耕文化的変容. 人面付土器Cから盾持人埴輪へ. 方相氏の伝来と仮面. 中国東北地方における先史時代の人物造形品. 弥生時代における人物造形品の特質
【ISBN】
978-4-88621-758-5 4-88621-758-3

Holding information 1records
1record-1record
2058681396
中央
210.2 /ヤ 

書架
5階(人文科学)

Previous
Next

On hold information
Present reservation registrants are 0 people.


▼results list
[0]TOP